思い出に残る名入れギフトを

みんなが待ち望んだ大切な赤ちゃんの誕生。出産祝いを頂いた方々には、何か特別な内祝いを贈りたいですよね。ここ最近、出産内祝いの定番となっているのが、赤ちゃんの名前を記した品物、いわゆる「名入れギフト」と呼ばれるタイプの内祝いです。名前のほかに写真を入れられる品物もあり、特に親族へ贈る内祝いとして人気を集めています。

お米やお酒に赤ちゃんの名前を入れた出産内祝いは、もはや定番中の定番ともいえる名入れギフトです。出産内祝い用のお米ギフトは、赤ちゃんの重さを体感できる素敵な贈り物。出生時の赤ちゃんと同じ重さのお米が贈れるため、孫を何度でも抱っこしたいお祖父ちゃんお祖母ちゃんにはたまらない出産内祝いとなっています。また、ボトルに赤ちゃんの名前や写真が刻まれたお酒ギフトは、記念品としても飾れるとびきりの内祝いです。飲み終わったあともボトルを眺めて楽しめる点が、名入れのお酒の良いところでしょう。

名入れギフトが喜ばれないケースも

人気が高い名入れギフトですが、贈った方々が一様に喜んでくれるとは限りません。例えば親族ではない方が、お皿やマグカップといった形に残る名入れギフトをもらっても、その後の使い道や保管場所に困るだけですよね。職場の同僚や友人などに出産内祝いを贈る時は、名入れギフトを避けた方が無難でしょう。

どうしても親族以外に名入れギフトを贈りたい場合は、消え物と呼ばれる消耗品を内祝いギフトに選んでください。カステラやケーキなど、お菓子そのものに名前を焼き入れた名入れギフトは需要が高く、もらっても困ることが少ない内祝いです。ただし消え物と言っても、缶や瓶に赤ちゃんの名前や写真が印刷されたタイプの内祝いだと、食べた後にパッケージの処分に困り果てるといった事態も考えられます。名入れギフトを贈る場合は、内祝いを受け取った方々が困ることがないよう、パッケージの処分にいたるまで十分配慮したいですね。